Oct 15, 2018

「志」のみ持参

河瀬塾を開講します。

AI技術が急速に進歩し、消えてなくなるであろう職業の一つに「接客・販売員」があります。
「人間にしかできない仕事」と思われていた職業すら、膨大なビッグデータの活用によりその価値観が一変する日は近いことでしょう。

我々が日常使うECサイトやSNS、スマホ、製品に取り付けたセンサーなどといったものを通して、何億、何十億、何百億というデータが収集され、その統計により、人の行動を予測するわけです。
AI技術によっていまある仕事が奪われてしまうわけです。

私が昨年、「商業界」という小売業の権威ある雑誌で書いたように、「これまでの接客・販売員」は淘汰されるわけです。
しかし、実は「これからの接客・販売員」は淘汰されるどころか、ますます価値のある仕事となるわけです。
近い将来、接客や販売に関わる企業は、ここで「価値がある企業」になるのか「消えていく企業」になるのか、天と地という大きな分かれ道に迫られます。

「価値あるこれからの接客・販売員」とはどんな人であるのか?
「生き残れる接客・販売員」であるためには何が必要なのか?
「販売に従事する企業」にとって今何に取り組むべきなのか?

今、それを勉強し実践できる企業づくりに貢献したいと考えております。
私の経験とノウハウを少しでもこれからを担う方達に伝達出来れば嬉しく思います。

そこで、それを勉強、実践するための河瀬塾を開催したいと思います。
月謝は不要です。
ただし、限定10名の「志が持参出来る」が条件です。

1 販売を本業にこれで食べられる本物のプロになりたい人
2 起業を目指している人
3 会社で責任ある立場にある人
4 売れる商品づくりを目指す責任ある立場にいる人
5 会社の代表

是非、私河瀬にご一報下さい。
開講日程や場所などは「志」が集まり次第、調整したいと思っております。

関連記事